お知らせ

More

観光客センター

お問い合わせ:4007 558 558
夏時間 4—11,9:00—20:00
冬時間 11—3,9:00—17:30

十の観光スポット

  • 観光センター
  • 小列車
  • 水上バス
  • グリーンバイク
  • トイレ
  • 駐車場

観光センター

金鶏湖観光地には現在1級レベルのお客様センターが四つあり、観光地の東南北西の四つの入り口に位置しています。二級観光客センターが三つあり、李公堤、芸術センター、タイムズスクエアなどの観光地に点在しています。お客様に様々な相談サービスを提供されます。

小列車

毎日10:00-21:00に1時間ごとに発車。祝日には30分ごとに発車)

往復:風尚歩行街→基金博物館→極限運動場→湖心亭→李公堤埠頭→李公堤広場(七星伴月)→凌雲橋→凧広場(二期街区入口)→李公堤西(運休) 


水上バス

湖沿いに3つの埠頭があり、金鶏湖水上バスに乗ることができます。月曜日から日曜日までは以下の通りです。

月光埠頭-李公堤埠頭10:00/11:30/14:30

李公堤埠-月光埠頭 10:30/13:30/15:00

望湖閣埠頭-月光埠頭:9:30/11:00/14:00/15:30

注:子供の乗車には大人付き添いが必要。


グリーンバイク

金鶏湖観光地にはグリーン自転車のレンタル場所が約17カ所あり、自由に便利に速く借りることができます。


トイレ

観光地にはトイレ数が十分あり、合理的に点在しています。現在公共区域にはトイレが23箇所あります。その中でAAA- AAA+トイレは4つあります。区域には商業用トイレは246か所あり、観光シーズンの1日あたりの観光客の接待量の5‰以上に達しています。


駐車場

観光地の公共区域には駐車場が46個所あり、敷地面積が55.28万平方メートルで、14753台の駐車スペースを持っています。充電ポストは158個あり、お客様の駐車需要に、十分お答えできます。

特選コース

物品レンタル、グリーン自転車カード、荷物預かり、医療サービス及び書籍レンタルサービスなどを含んでいます。その中に、伞、ベビーカー、車いす、杖、ペットカート及びグリーン自転車カード、書籍レンタルなどを提供します。

清涼油、乗り物酔い、絆創膏、アルコール綿、ガーゼなどの軽い傷を処理する薬品を無料で提供します。

観光地内部と周辺交通のコンサルティングサービスを提供します。

お客さまは無料で小包やスーツケースなどの品物を預けることができ、 現金、貴重品、燃えやすい物、爆発しやすい物、猛毒物やその他の不適切な品物の預かりと保管サービスはご遠慮ください。

コピー、プリント、ファックス、スキャンサービスを提供します。

観光地の絵はがき、封筒、切手などを販売し、観光地の記念郵便スタンプを押せます。 

観光客に無料で観光相談を提供し、無料で案内を行い、旅行の日程を推薦し、無料の地図と宣伝資料を提供します。

傘、ベビーカー、車いす、杖、ペット用カートは、24時間無料レンタルできます。24時間以上は費用を支払う必要があります。料金は次のとおりです。

お借りたものを48時間以内に返却して頂けなかった場合に、保証金は返却できませんので、予めご了承ください(他のお客さんがちゃんと使えるように新しい物を購入するため、敷金返金しません)。

品物

敷金

24小时至48小时

リース料金と時間

50元/本

2.5元/一日

50元/本

2.5元/一日

ベビーカー

800元/車両

40元/一日

車いす

800元/車両

40元/一日

ペット用カート

800元/車両

40元/一日


金鶏湖巡り

        金鶏湖観光地は開放的な国家AAAAAクラスの観光地で、蘇州工業園区金鶏湖ビジネスエリアに位置し、総面積が11.5平方キロメートルで、その内 水域面積が7.4平方キロメートルです。全国唯一の「国家商務観光模範区」の集中展示と核心区として、金鶏湖ビジネス観光と園林古城観光とがお互いに照り映え、共に蘇州観光の「今昔」を構成しています。統計によると、2018年 金鶏湖観光地には観光客が1533.6万人訪れるようになってきました。

        金鶏湖観光地には観光スポットが十あります。「蘇州中心」、「東方の門」、「音楽噴水」、「金鶏湖大橋」、「文化芸術センター」、「月光埠頭」、「誠品書店」、「国金センター」、「望湖角」、「李公堤」で、14キロある金鶏湖沿い歩道がそれをつながっています。市民や観光客は風格異なる五つの水上桟橋を利用して、景色を鑑賞し、低炭素で健康的な生活が体験できます。

        金鶏湖観光地は「大観光」、「大経済」の構造に立脚し、金融、文化、観光、会議・展示、スポーツ、商業など多業種が高度に集積し、多要素が十分に融合しています。観光地にはビル経済も発達し、産業基礎も十分で、文化と観光とが深く融合し、一連的で、国際的な文化ブランドのキャリアと活動を作り上げました。例えば、金鶏湖芸術祭、蘇州青年演劇祭、「iSING!Suzhou国際青年歌手芸術祭」などです。また、観光地にはお祭りが豊富で、ハイライトが多いです。毎年定期的に開催されている金鶏湖国際ハーフマラソン、金鶏湖ドラゴンレース、金鶏湖ヨット競技、金鶏湖桃の花節、金鶏湖双年展、金鶏湖化粧芸節などのお祭りは、観光スポットの美しい名刺となっています。

        中国大陸初の誠品書店は文芸、ファッションの元素を注ぎ込み、すでに文芸青年が必ず足を運ぶ所となっています。李公堤にある姚建萍刺繍芸術館、蔡雲娣江南三彫刻芸術館、中国基金博物館、明美術館など10あまりの展示館は蘇州の伝统と現代を結びつける文化体験をもたらしています。蘇州の「小鳥の巣」文化芸術センターは中国映画金鶏賞の永久授賞地で、蘇州交響楽団、蘇州バレエ団、金鶏湖美術館、文化館などもここに集まって、盛んな文化の饗宴をもたらしてくれました。真珠のように、金鶏湖畔に散在している蘇州国際博覧センター、円融時代広場、久光、新光天地、中茵皇冠休日ホテル、インターコンチネンタルホテル、ハイアットホテルなどのビジネスキャリアは、市民観光客にワンストップサービス体験を提供しております。

        観光客の興味関心が体験型観光などへ変化していることを受けて、観光地に続々と「親子の悠々自適な湖の旅」、「空触れ建築の旅」、「書香楽動の旅」、「緑の道 徐行の旅」の4つをテーマにして、金鶏湖観光コースを打ち出しています。